自動車整備士の仕事

自動車整備士とは何か

みなさんが車の修理のためや、車の車検などで自分の車を整備工場に持って行ったとき、その工場で実際に車の整備をしている人を見たことがあると思います。
整備をしている人のうち、国家試験に合格して資格を持っている人のことを自動車整備士と言います。
資格を持っていない人である「整備工」と区別されています。
仕事の内容は、お客様の要望にあわせてその自動車の壊れている所を見つけて修理すること。
自動車のメンテナンスを行うこと。
そしてお客様の自動車の国の法律で決められている車検(普通自動車の場合2年に1回)を行うことや、例えば1年に1度の定期検診で自動車の欠陥をチェックすることです。
ある会社が自動車の整備や車検の仕事(自動車分解整備事業)をすると国に申請したい場合、ある一定以上の資格を持つ整備士が必要であると法律で決められています。
自動車整備士の資格は1・2・3級と大型・小型・二輪自動車という車種、整備できる車体の部分とで細かく種類分けをされています。

自動車整備士が働いている仕事場

ここでは、自動車整備士の資格を持っている人がどういう所で働いているのかということを説明します。
まずは自動車の整備工場です。
車を販売する会社と、整備工場が一緒にある仕事場でも働いています。
整備士の人はそこでお客様の要望に合わせて車の修理やメンテナンス、車の車検を実際に行います。
次に運送会社です。
ここで整備士の人は運送会社のドライバーが使っている4トントラックや大型トラックの整備の仕事を行います。
整備士の資格を持つ人がドライバーの仕事をしつつ、整備の仕事を行う場合もあります。
その次にセルフ式でないガソリンスタンドです。
ガソリンスタンドの修理スペースでお客様の車の整備や、場合によっては車検の仕事や車の点検の仕事を行います。
どの仕事場でも、経験を積み重ねた整備士は車を実際に扱うプロフェショナルとして替えのきかない「戦力」として扱われます。
車や機械を扱うことが好きで、何か資格を取って働いてみたいと思っている人には興味を持ってほしい資格だと思います。

自動車整備士で大切な事

自動車の整備工場や自動車を販売する会社で車の修理や車検など、実際に車を扱う仕事をしていて国家資格を持つ人たちのことを自動車整備士を言います。
今から自動車整備士として仕事をするときに大切な事を書こうと思います。
まず、お客様が仕事場に車を持ち込んで「~の修理をしてほしい」となったら必ずその部分を直さなければならないことです。
現在ハイブリッド車や電気自動車が市場にも出回るようになり、これからもっと多くなると予想されます。
○○のハイブリッド車は扱ったことがないので修理は無理です、というのは通用しません。
最新の車の構造について常に学ぶ姿勢が大事です。
次にお客様との接客についてです。
修理した本人がお客様に対して、どの部分をどのようにして修理し、これからどのように手入れをすればいいのかを、お客様が理解できるような説明をすることが必要です。
また最近では車検をするときに、整備士が車の前でお客様に説明しながら車検をする「立ち会い車検」というサービスがあります。
よって整備士にはお客様を不快にさせないような接客態度をとらないといけません。

自動車整備士をやってよかったこと

私は自分の住んでいる市内の工業高校を卒業したのち、ある整備工場で整備工として働きながら自動車整備士の資格を取るために勉強し、国家試験を通って整備士となりました。
現在でもその整備工場で働き続けています。
自分の工場には色々な故障を抱えた車がやってきます。
そして約束の日時までに自分たちでその車の修理をします。
分からない所は先輩の整備士の人にアドバイスを受けながら毎日悪戦苦闘の日々です。
でも何とか修理が完了し、お客様が自分が直した車に乗って帰って行くのを見送ります。
元々私は機械や車を触ることが大好きで、故障した車を直す仕事をしたくてこの整備工場に世話になることになりました。
自分の直した車が元通りに息を吹き返し、お客様が喜んで帰っていく姿を見ると、この仕事を選んで良かったと思うし、この仕事を続けてもっと精進しなければとも思います。
今年の春に整備士を目指したいという若い人が、自分の所の整備工場に入社する予定です。
自分が先輩から教えられたことを今度は自分が伝えることになります。
この仕事の厳しさそして面白さを伝えられるようもっと精進したいと思います。